A B O U T   A R T W O R K

One day during a photo shoot I came to the realization that the female form resembles a landscape.  Staring at the prints, I forgot I was looking at a body and, depending on my state of mind, began to wander into a serene landscape with rolling mountains, or a raging climatic sandstorm.

 

This experience rekindled a distant childhood memory of me sitting in front of a Buddha statue in meditation at a Buddhist kindergarten.  Buddha’s face appears sad when you’re sad, happy when you’re happy, or scary when you’ve done something wrong. The Buddha’s image is actually one’s own mirror. It exists for you to have conversation with yourself, and your feelings emerge there.

 

The presence of the female body, with its gentle lines and smooth skin is similar to that of Buddha’s image.

 

I believe the root of the reason why I continue to be enchanted and photograph nudes for fourteen years, traces back to those childhood feelings, tirelessly staring at Buddha’s image.

ある日撮影中に、女性の身体のラインが風景の様に見える事に気がつきました。 できあがった写真をしばらく見つめていると、身体であると言うことを忘れ、なだらかな山並みの穏やかな景色に見えたり、砂が舞っている激しい嵐に見えたり、見る時の気持ちによって様々な情景が浮かんできました。   

                        

それは、お寺の幼稚園に通っていたころ、仏像の前で座禅をした時の気持ちに似ているのだと遠い記憶がよみがえってきました。 仏像の顔は、悲しい時に見ると悲しい顔に、嬉しい時に見ると嬉しい顔に、悪いことをした時は恐ろしい顔に見えてきます。 仏像は自分の映し鏡で、自分との会話のためにあり、自分の気持ちがそこに現れるからなのです。

 

女性の身体のなだらかなラインやなめらかな肌、その存在感は仏像によく似ています。 

 

ヌードに魅せられ14年以上撮り続けている理由の根源は、幼少期に仏像を前に座禅をし、飽きずに仏像を見つめていた時の気持ちと重なるからだと思っています。

Do not hesitate to contact me to discuss a possible project or learn more about my work.

© Ruriko Taguchi

Contact
​rurikotaguchi@gmail.com